ひまわり日記 〜1人っ子の息子と、のほほんな日々〜

ぐうたらパート主婦の日常記録。8歳の一人息子との日々や趣味のフラのことなどを綴ります。

息子の成長

新学期になり、3年生になった息子。

隣の家の子が新1年生。

前々から、一緒に登校をお願いされていました。

息子の学校は集団登校がありません…

昔話になりますが…

息子が1年生になった時、本当に不安でした。
息子は、内気で、心配性。新しい環境に慣れるのにも時間がかかります。

幼稚園で、年長の時も登園前に泣くこと、多々あり。

本当に自分で歩いて学校行けるのかな…と不安でした。
近所の4年生のお兄ちゃんに、一緒の登校をお願いしたのですが、そのお兄ちゃん、新学期早々、おたふく風邪で1週間欠席…

結局、途中まで私がついていって、登校したのですが、私と離れると、泣いて歩けない。

今思えば、学校までついて行ってあげればよかったのに、その時は、それをしたら、ずっとそうなる気がして。

泣いて動けない息子を心を鬼にして、突き放し、胸が張り裂けそうでした。

たまたまそこに通りかかった6年生のお兄ちゃん3人組が、優しく声をかけてくれて、学校まで連れて行ってくれ、息子の教室まで連れて行ってくれました。

次の日から、その6年生のお兄ちゃんに毎日連れて行ってもらい、すごく安心したのを覚えています。
感謝してもしきれません。


ということがあり、3年生の息子が1年生を連れて登校は荷が重いかな、とも思いましたが、隣の子が、うちの息子に懐いているから、どうしてもお願いしたいという、お隣ママの希望もあり、引き受けました。


10日、一緒に登校初日、無事登校しました!

息子、学校まで手を繋いで、ちゃんと下駄箱まで一緒に行って、とりあえず、初日の任務を遂行できたようです。


泣いて登校できなかった子が、
2年の間にこんなに成長するなんて。

手を繋いで歩いていく姿にジーンとしてしまいました。




にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村