ひまわり日記 〜1人っ子の息子と、のほほんな日々〜

ぐうたらパート主婦の日常記録。8歳の一人息子との日々や趣味のフラのことなどを綴ります。

リアルな気持ち

半月くらい前、高校時代の友人からラインで連絡がありました。

「2人目を妊娠中で、今8ヶ月。1人目の時に借りてた赤ちゃんグッズ、そのまま使わせてもらっていい?」と。

ちょっと前にブログで、妊娠、出産報告が平気になってきた!と書いたのですが…
やっぱり胸がズーンとします。報告にビクビクしている自分がいます。

1時間くらいで気持ちを落ち着かせ、
「そうなんだ!おめでとう。私はもう2人目の予定ないから、気にせず使って〜」と返信しました。


彼女は、高校時代、同じ吹奏楽部で3年生の時は同じクラスで、仲良しだった友人です。
部活が強豪校だったので、正月とお盆くらいしか休みのない部活で、高校時代、かなり密な時間を過ごしました。

将来の夢も同じ看護師。
彼女は大学に進学、私は家が貧乏だったため学費の安い看護学校に進みました。

でも、私が結婚、出産をするまでは、時々会ったり、一緒に旅行したり。

結婚後はあまり会わなくなったけど、1年に1回の部活の同窓会では会っていました。

3年前に彼女は17歳?くらい歳の離れた男性と結婚して、すぐ妊娠しました。

旦那さんは当時47歳くらい。
たぶん沢山稼いでいると思われるし、彼女自身も産休までバリバリ働いているのに、出産準備全然してないから、貸してもらえそうなもの貸して〜と言われました。

当時、まだ2人目を諦めていなかったのですが、ベビー用品を処分したら妊娠した!等の話もあるしと、そうなったらいいなと、

チャイルドシート、ベビーバス、哺乳瓶等、貸しました。

結局、彼女が1人目を出産し、2人目妊娠8ヶ月になった今も、私は妊娠できず。

置いてきぼりな私。

ラインのやりとりだけなら、私も大丈夫になってきていたのですが、先日、再び連絡があり、

彼女は、家で野菜が沢山とれたから、私の家に持っていきたいと。

えっ⁉︎会うの?
会えるのか?大きなお腹見れるのか?
笑顔でお腹の赤ちゃんの話できるのか?

そんな自信ない。どうしよう?

現在、彼女は私の家から1時間くらい離れた所に住んでいます。実家に用事があるついでとはいえ、わざわざ来るのに、断ることもできず。

家にいなかったら、玄関先に置いておくから〜と言われたけど、私の仕事が終わる時間を聞いて、家にいる時間に来る気、満々。

結局、断れず、来てもらうことに。

彼女の大きく丸いお腹を見て、胸の奥がギューとなったけど、笑顔でやり過ごしました。

でも、家に上がってとは言えず、玄関先で数分立ち話。上の子が車の中で爆睡していたので、助かりました。

里帰りでこっちの病院で産む話も出たのに、

産まれたら教えてね、会いに行くね。

とは、言えませんでした。


2人目を吹っ切ったつもりの私。

今を楽しく生きているつもりの私。

今の幸せに感謝しているつもりの私。


でも心の奥底の感情は、そうじゃないのかもしれない。



高校時代、将来の私達がこんな関係になるなんて想像もしていなった。

ただただ楽しかったのに、私自身の感情で、その関係が崩れてしまっている現状が、悲しくて仕方ない。
でもどうしようもできない。

この先も微妙な関係が続いていくのかな。

それとも、また昔のように笑い合える日が来るのかな。



にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村