ひまわり日記 〜1人っ子の息子と、のほほんな日々〜

ぐうたらパート主婦の日常記録。8歳の一人息子との日々や趣味のフラのことなどを綴ります。

〜2人目を諦めた理由②〜

不妊治療の先生には、

「腹膜炎、何回もしてると、なりやすいんだよね。人工授精でなったということは…なかなか治療すすめにくいね…まぁ気長に、やるしかないね。
次は…とりあえず、腹膜炎なったし、卵管また洗わないとねぇ。」


以前、卵管通水という、卵管を生理食塩水で洗う治療でも、腹膜炎になっている私…

卵管通水、めっちゃ痛いし。

腹膜炎になると、まず2日は動けない。

普通の生活に戻るのに1週間くらいかかる。

本当にしんどい。

家事もできず、仕事にも行けず、たくさんの人に迷惑がかかる。

それをこの先、何回経験しなければならないんだろう。

考えるだけで、ぞっとする。



そこまでして2人目望むのか…

あれっ、なんでこんなに2人目ほしいんだっけ?
と考えてみる。

①息子にきょうだいを作ってあげたかった。
これが一番の理由…
将来のこととか考えるとね…息子にはいとこもいないので。


②自分が子供を産めない年齢になった時、産める年齢の時に、やれるとこまで治療しておけばよかった…と後悔したくなかった。


①について、
・息子から、きょうだいほしいと言われたことはない。友達の兄弟、姉妹と遊ぶ時、可愛いね❤️とは言うけど。

・将来のことは、誰にも分からない。たくさんきょうだいいても、仲が良いとも限らず、面倒な存在になることもあるとネットに書いてあった。

・親の介護が1人にのしかかるとかいうけど、別に子供に介護してもらうつもりはない。
将来、施設等に入れるようお金の準備を今から頑張らなければ!と思う。

・両親の死後、一人っ子はメンタル的にきついと言われる。
願わくば、将来、良いパートナーに出会って、自立した人生を歩んでほしいと思う。


そんな自立した大人に成長させる子育て…を目指しているが、なかなか難しい。

過干渉になっていることも多々…



②について、
これは私のわがまま。家族や今の生活を犠牲にしてまで、やる事ではないと気がついた。



いろいろ一人で考え、夫婦で話し合い…


結局、今の3人家族で十分幸せじゃん!

奇跡的に生まれてきてくれた息子に感謝しよう。

健康にみんな生きているだけで、幸せ!
生きてるだけで、丸儲け!


と思えるように。


もう一つ、私の心の奥深くにあった感情。
見て見ぬふりをしてた。

*私は周りの友達より、わりと早めに結婚、出産。でも、私より後に結婚した友達や後輩が2人目3人目を次々と出産。悔しかった。負けた気持ちになった。だから、心から祝福できなかった。
そんな自分が嫌だった。
だから、自分にも2人目ができれば、その感情から卒業できると思っていた。

たぶんこれが、2人目ほしかった本当の理由…

本当に心から子供がほしいと願っておられる方からは、なんだそれ⁈ですよね…

隣の芝生は青く見える

たぶん、これからも、他人を羨ましく思うことは、たくさんあると思うけど、自分は自分。
自分の心の持ちようかな。

今の与えられた人生をしっかり生きていこうと思います。


やっと長いトンネルから抜け出せた瞬間でした。

ブログを書くことによって、しっかり自分の気持ちの整理をつけることができました。


長文、大変失礼しました。

最後まで読んで下さりありがとうございます。








にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村